医学部の予備校と過去問

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 受験」
に関連するツイート
Twitter

#医学部 #歯学部 #受験#進ゼミ京都 。1年間合宿予備校(大分県国東市)。詳細は Tel 075-642-5815 or 0978-72-2004 まで。 ow.ly/x3FS300Zgg6

Twitter shinzemi_kyoto 進ゼミ京都

返信 リツイート 16分前

東研学院予備校 少人数制大学受験 ◎高校生・高卒生(朝から)対象 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 token-ac.com

Twitter token_ne 東研学院予備校

返信 リツイート 23分前

医学部受験のメリットの1つは前の大学での留年が社会的にノーカウントになって忘れ去られることやと思う

予備校で面接対策を散々やったのに一次試験で落とされるから医学部受験はクソ

Twitter medical_kuso 私立医学部受験クソbot

返信 リツイート 39分前

返信先:@hide36ous他1人 ツイート主はbio見る限り医学部目指してる受験生の方ですかね。

Twitter ceptree ceptree@DDE

返信 リツイート 47分前

23か4歳の時、本気で医学部受験考えたんだよね… でも今から地元に戻って受験勉強して受かったとしても一人前になれるのは早くて35歳とか… いつ子供産むの…?って考えたら踏み切れなかった…

Twitter dorado_yurisa 百合沙-Yurisa

返信 リツイート 48分前

受験勉強で気をつけて欲しいのは「好きな科目をやりすぎないこと」 特に理科と社会は中毒性が高いのでそればかりをやってしまう傾向が強いです。 その結果、主要科目がズタボロで不合格という悲劇が毎年再生産されます。 医学部入試でさえ結局は英数で差がつくという事実を直視しましょう!

Twitter 9eokk ゆーき@受験アドバイザー

返信 リツイート1 57分前

今日親とも相談したけど、親はまた大学行き直すなら医学部以外はだめって考えで…(しかも国立) だから受験はダメもとでやって、同時に公務員も受ける感じでいくかも

Twitter waitandsee_risk モノクローム(つらい)

返信 リツイート 0:29

一応受験勉強始めました と言って河合塾のマーク模試の英語3回分解いただけだけど 点数はこんな感じで医学部は余裕でアウトですわ こんな点数でも偏差値60はあるみたいだけど… pic.twitter.com/vK4OakUQmt

Twitter waitandsee_risk モノクローム(つらい)

返信 リツイート 0:24

受験生諸君。日付が変わりました。#進ゼミ京都 でしっかり勉強して #医学部 #歯学部 へ! Tel 075-642-5815 or 0978-72-2004 #受験 #大学受験 ow.ly/x3FS300Zgg6

Twitter shinzemi_kyoto 進ゼミ京都

返信 リツイート 0:00

医学部の予備校について

医学部の予備校について 近年は医学部を受験する学生が増えてきており、医学部受験を専門とした予備校が数多くできています。
その予備校によって特色は異なるものの、まずひとつめとして挙げられるのが、完全個別授業や寮があるところです。
個別授業では生徒一人一人の得意不得意や勉強のペースを把握して、志望校の合格を近いものにしていきます。
また担当の教師が勉強を教えてくれるためより近い存在として親身になって相談にのってくれます。
続いては少人数のクラスや短期集中講座など多彩なコースで難関校に挑む生徒をバックアップするところもあります。例えば高校1年生から医学部合格に向けて地道に勉強を進めていきたい場合は夏休みや春休みを利用して短期コースから始めることができます。
多くの予備校で寮が用意されているので、同じ目標のある仲間と共に勉強をすることができてモチベーションを持続することができます。
さらに現役医師が学院長を務めているところもあり、医学部ならではの専門知識や入試傾向や模擬面接を実施して即戦力になるようなカリキュラムが作成されているところもあります。
このように現在は多くの学生が受験をするようになったので予備校の数も増えてきました。自分に合うところを見つけることが大切になってきます。

医学部をねらう予備校の過去問

医学部をねらう予備校の過去問はよく言われる赤本を何回も解いて傾向を見抜くことです。
そしてセンター試験はどの学部も共通なのですから基礎基本をきっちりと身につけて一点でもたくさん点を取ることにつきます。
センター試験では専門的な難問はほぼ出ないのでとにかくセンターの過去問を3回以上繰り返しわからないところは予備校の先生に聞き、数をこなしていきます。
医学部もほかの学部もセンター試験は平等に同じなので、ここで高得点を確保し、二次試験は自分の得意科目で受けるかセンターで手高得点を取った科目で受けれるところをさがします。
また、私立であれば絶対にセンター試験利用が有利です。しかし授業料が大変高いので国立をあきらめないように、情報を集めることが大切です。過去問はその大学の特徴があるのであらかじめ知っておくと能率が上がります。
とくに小論文はきれいな字で書かねば読んでもらえないところがありますし、写真など四隅まできっちり貼っていないと減点ということもありえますから、あわてないように、日ごろから気を付けておくことです。
面接ではわざといらいらさせるような質問をされたりしますが、のせられないように注意してください。

田村文洋の情報サイト

ビジネス・運営支援関連サポーター田村文洋