医学部の予備校と過去問

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 受験」
に関連するツイート
Twitter

【新刊情報】 エール出版 中学受験 算数 計算の工夫と暗算術を究める 改訂3版 旺文社 医学部受験 医学部の生物[生物基礎・生物] 入試問題集 入荷致しました! #東松山 #進明堂 #エール出版 #旺文社 pic.twitter.com/08isVmD4h9

最近、医学部受験生なのに京大の数学ばっか解かされてることに疑問を持ちながら過ごしている

RT @sousanusi: 「権利の受益者はそれを実現する側の事情を斟酌する必要がない」と言うポリコレしぐさに従うと、その権利の実現とトレードオフになる物は何なのかという視点が掛けるんだよな、と医学部受験問題と女医問題の話を見てて思う

異様な医学部人気を憂う 受験エリートがゲーム感覚で受験も | 書籍編集部コラム best-times.jp/articles/-/404… @_BESTTIMES_さんから

信州大学は教育学部、理学部、工学部、繊維学部、医学部、農学部、人文学部、経済学部があるがどれもレベルが上がりつつある、気を付けて受験したまえ

TwitterDarkSide小松武平bot@d_s_komatsu_bot

返信 リツイート 47分前

彼には医学の世界に来るよう誘ったんだけど、来たのは誘ってはいない紘道館メンバーで早稲田大大学院卒の曽我選手。春から介護士として勤務しながら受験の要領を叩き込み医学部合格までもう一歩。こういうのはスカウトするものじゃなくて、やりたいって思った人が自発的に来るものだね

TwitterホラッチョU@ドクターX(ペケ)@dragonandphoeni

返信 リツイート 55分前

今日は同僚のregistrarであるNeilが初めてのtop endの吻合をしていた。彼は元電気工。医学部受験してgeneral surgeryのトレーニングへ。その途中で何を思ったかCardiothoracicに鞍替え。御歳50歳、殆どのConsultantより歳上、divorcedで今は2歳の息子に夢中。人生は如何様にもなり得るもんですね。

RT @aceacademy9: 慶應大学医学部 ここ3年間、22歳以上(4浪相当)の合格者は男女共に0名。受験者は314名。 該当者は4年に1人の可能性にかけて受験するかどうか。。 なお男女差も大きい。 pic.twitter.com/RaKKML8ban

RT @aceacademy9: 昭和大学医学部の詳細データを公開しました 2浪の合格率の男女差は2.87倍にのぼる 2年で3浪以上の女性は448人が受験して合格者は0人 6年で4浪以上の女性は843人が受験して合格者は0人 4浪以上の男性の合格率はわずか0.6% 昭和大学…

ラトビア保健省の報道官によれば,ラトビアにおいて女性医師が多数を占める比率は長年変わっていないとのことで,大学の医学部受験する段階でもすでに女性が7割を占めているとのことです。

Twitter一ツ橋書店一日一問委員会@hity_odoq

返信 リツイート 15:01

医学部の予備校について

医学部の予備校について 近年は医学部を受験する学生が増えてきており、医学部受験を専門とした予備校が数多くできています。
その予備校によって特色は異なるものの、まずひとつめとして挙げられるのが、完全個別授業や寮があるところです。
個別授業では生徒一人一人の得意不得意や勉強のペースを把握して、志望校の合格を近いものにしていきます。
また担当の教師が勉強を教えてくれるためより近い存在として親身になって相談にのってくれます。
続いては少人数のクラスや短期集中講座など多彩なコースで難関校に挑む生徒をバックアップするところもあります。例えば高校1年生から医学部合格に向けて地道に勉強を進めていきたい場合は夏休みや春休みを利用して短期コースから始めることができます。
多くの予備校で寮が用意されているので、同じ目標のある仲間と共に勉強をすることができてモチベーションを持続することができます。
さらに現役医師が学院長を務めているところもあり、医学部ならではの専門知識や入試傾向や模擬面接を実施して即戦力になるようなカリキュラムが作成されているところもあります。
このように現在は多くの学生が受験をするようになったので予備校の数も増えてきました。自分に合うところを見つけることが大切になってきます。

医学部をねらう予備校の過去問

医学部をねらう予備校の過去問はよく言われる赤本を何回も解いて傾向を見抜くことです。
そしてセンター試験はどの学部も共通なのですから基礎基本をきっちりと身につけて一点でもたくさん点を取ることにつきます。
センター試験では専門的な難問はほぼ出ないのでとにかくセンターの過去問を3回以上繰り返しわからないところは予備校の先生に聞き、数をこなしていきます。
医学部もほかの学部もセンター試験は平等に同じなので、ここで高得点を確保し、二次試験は自分の得意科目で受けるかセンターで手高得点を取った科目で受けれるところをさがします。
また、私立であれば絶対にセンター試験利用が有利です。しかし授業料が大変高いので国立をあきらめないように、情報を集めることが大切です。過去問はその大学の特徴があるのであらかじめ知っておくと能率が上がります。
とくに小論文はきれいな字で書かねば読んでもらえないところがありますし、写真など四隅まできっちり貼っていないと減点ということもありえますから、あわてないように、日ごろから気を付けておくことです。
面接ではわざといらいらさせるような質問をされたりしますが、のせられないように注意してください。

情報サイト