医学部の予備校と過去問

CONTENTS
「医学部 受験」
に関連するツイート
Twitter

医学部受験する夢見た...

Twitter BiaAAncO ≪毘≫ - 10分前

リツイート 返信

今週で夏期講習も終わり。高3の受験クラスは医学部や難関理工学部系の子ばかりなのでもともと心配ないけど、中学の補習コースは中1、場合によっては小5小6の基礎からやり直したので飛躍的に理解度が高まった

類科目うんちだから医学部受験して上級国民になろうW

Twitter ona_keen オナきーん - 29分前

1RT リツイート 返信

医学部受験ってほんとクソだよね。君も早く歯学部においでよ。

Twitter medical_kuso 私立医学部受験クソbot - 40分前

リツイート 返信

私「いよいよ受験やな!どんな大学行きたいん?」 いとこ「医学部いく」 私「ピクンッ」 いとこ「しかも私立」 私「ビクビクンッ」 いとこ「6年間で5000万円かかる♡」 私「ブッシャァァァアンアンイグゥゥウウウウウウウ!!!」

Twitter nuppeppou43 ばんちゃん@ナマケモノ - 44分前

リツイート 返信

高校から(浪人あっても)直接きた子は自分たちは特別だとどっかで思ってることが多い。でも、慶応文系出て東京で社会人7年やって配偶者了承のもと医学部受験し一緒に田舎に引っ越してきて学年内の成績もいいみたいなおっさんを見てると「あっなるほど、頭いい人はどこにでもおるな」と気付くよね。

編入とか社会人からの再受験とか年上の大人たちが学年にいることはすごく意味があると思う。言うても医学部受けさせてもらえた程度に保護者の理解があり勉強も出来る方で通してきたガキの集団だから、自力で何年か金稼いできたとか家族いるとか年齢との戦いみたいな「現実のにおい」をあまり知らない。

Twitter navagraha_ 九曜 - 9:26

1RT リツイート 返信

薬学部でたあとに医学部いって今医者とか、外資コンサル行ってから医学部入り直して今研修医とか、卒論が書けないことをきっかけに自分の将来を改めて考えて医学部受験からやりなおして医者になったとか、周り見てると人生ホントに色々だし体力と学力はあるにこしたことないなって思う

東研学院予備校 少人数制大学受験予備校 ◎高校生・高卒生対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです! token-ac.com

Twitter token_ne 東研学院予備校 - 9:06

リツイート 返信

この辺りの男子の私立中学受験は、ほぼ一択だし、受験自体マイナーだからそこら中に知れ渡るし、後に引けなくなりがちだからなぁ。でも、入学後に、本人が自ら死を選んだ例も知ってる… 身近にもあるけど、医学部、特に国立医を目指す、って、リスク大きい!

Twitter kero2187 keroppi - 8:48

リツイート 返信

医学部の予備校について

医学部の予備校について 近年は医学部を受験する学生が増えてきており、医学部受験を専門とした予備校が数多くできています。
その予備校によって特色は異なるものの、まずひとつめとして挙げられるのが、完全個別授業や寮があるところです。
個別授業では生徒一人一人の得意不得意や勉強のペースを把握して、志望校の合格を近いものにしていきます。
また担当の教師が勉強を教えてくれるためより近い存在として親身になって相談にのってくれます。
続いては少人数のクラスや短期集中講座など多彩なコースで難関校に挑む生徒をバックアップするところもあります。例えば高校1年生から医学部合格に向けて地道に勉強を進めていきたい場合は夏休みや春休みを利用して短期コースから始めることができます。
多くの予備校で寮が用意されているので、同じ目標のある仲間と共に勉強をすることができてモチベーションを持続することができます。
さらに現役医師が学院長を務めているところもあり、医学部ならではの専門知識や入試傾向や模擬面接を実施して即戦力になるようなカリキュラムが作成されているところもあります。
このように現在は多くの学生が受験をするようになったので予備校の数も増えてきました。自分に合うところを見つけることが大切になってきます。

医学部をねらう予備校の過去問

医学部をねらう予備校の過去問はよく言われる赤本を何回も解いて傾向を見抜くことです。
そしてセンター試験はどの学部も共通なのですから基礎基本をきっちりと身につけて一点でもたくさん点を取ることにつきます。
センター試験では専門的な難問はほぼ出ないのでとにかくセンターの過去問を3回以上繰り返しわからないところは予備校の先生に聞き、数をこなしていきます。
医学部もほかの学部もセンター試験は平等に同じなので、ここで高得点を確保し、二次試験は自分の得意科目で受けるかセンターで手高得点を取った科目で受けれるところをさがします。
また、私立であれば絶対にセンター試験利用が有利です。しかし授業料が大変高いので国立をあきらめないように、情報を集めることが大切です。過去問はその大学の特徴があるのであらかじめ知っておくと能率が上がります。
とくに小論文はきれいな字で書かねば読んでもらえないところがありますし、写真など四隅まできっちり貼っていないと減点ということもありえますから、あわてないように、日ごろから気を付けておくことです。
面接ではわざといらいらさせるような質問をされたりしますが、のせられないように注意してください。

医学部予備校に関する情報リンク

プロ講師による1対1の個別指導を行う予備校のサイト

医学部受験の予備校