医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

頭冷やして考えたら、まあ、独文科のままでいいかな…。フロイトの他にもクレぺリンとかヤスパースとかビンスワンガーとかいるし。そういう人たちを思想史的に研究すれば良いか。どうしても臨床となると医学部までいかなくても教育学部学士編入で臨床心理やるとかかなぁ。

Twitter army09750294 サトゥルヌス - 昨日 22:35

リツイート 返信

たまたま解剖の先生と話したんだけど、学士編入の面接の場合、医師を目指したきっかけは仕事とかで医者じゃないとダメだな〜って感じた人の方が合格させたくなるそうな。 まぁ、たしかに「子供の頃に〜」系は現役生に腐るほどいるもんねー(・ω・`) #医学部 #学士編入

Twitter igakubunow じょーじ@医学部 - 昨日 17:19

3RT リツイート 返信

土曜日は山口大学・鹿児島大学、日曜日は弘前大学で医学部学士編入試験です!受験生の皆さん、寒さにまけずがんばってきてくださいね! #医学部編入 #医学部 #河合塾KALS

Twitter kalsigakubu 【河合塾KALS】 医学部学士編入 - 昨日 16:25

リツイート 返信

“「医学部に行けなかった(落ちた)から薬学部に来た」という学生が一定数います。もちろん望んで入学する学生もいますが、医学部の滑り止めとして受験する人も多いのです。(…)医学部学士編入学試験の存在を知ってチャレンジすることが多いです” htn.to/inKAEZ5EB

Twitter Fumisme ふみすむ - 昨日 13:06

リツイート 返信

OECD各国の人口10万あたりの医学部卒業生 on.forbes.com/6013DB627 OECD平均は12。日本以下はイスラエル(5)のみ。各国とも医師増加を図る中、医学部が5校のアイルランドでは2006年に学士入学制度を導入し(学士持ちの医学部編入者は履修期間が2年短く済む)一気に医学生を増やした pic.twitter.com/2pNktESgLF

@Justitia_Grace 基本的には学士が3年、修士が2年になりますね(国家試験が絡む医学部・法学部・薬学部と教職コースは別)。

しばらくの間は『医学部学士編入合格しました体験記の黒歴史』を続けます。私は独学しているとき、ネットで情報を公開してくれている人の力を借りました。黒歴史であろうと、当時の私のように必要としている人に届けばいい。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 11/23(木) 14:58

リツイート 返信

RT @sekkai: まだ落合陽一氏がメディア露出してなかった数年前、彼の大学の同期で後に医学部学士編入した自分の友人が「魔法使いみたいな人がいるんだけど、会ってみない?」と数人の為の勉強会を企画してくれたのに、先に予定に入れていた感染症の勉強会を優先してしまったことを未だ…

Twitter Yuya1125asa ゆーや@なーつのおわりー - 11/21(火) 3:07

リツイート 返信

「みんチャレ」というアプリで、医学部学士編試験用のチームを作りました。 5人集まらないと開始しないみたいで。笑 よかったら、参加お待ちしてます。 スタプラが時間管理なのに対して、こっちは質というか内容管理です。

医学部学士編入試験の勉強の初学者として、英語・医学知識を学ぶために、YoutubeのTED-EdとうチャンネルのGetting Under Our Skinっていう再生リスト英語字幕つけて全部観た。英語学習は音声・動画がついてる方が捗る。勉強の合間の息抜き感覚で観てたけど、どちらが合間なのかわからなかった。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 11/20(月) 23:45

リツイート 返信

医学部にはどんな人が再受験するの?

医学部にはどんな人が再受験するの? 医学部に再受験する人には3パターンあります。
一つ目のパターンは、生まれがお医者さんの家系で、本人が大学受験の時には、さほど医学部に興味や関心がなく、別の分野に進学してしまったもののやはり医者の家系を継ごうと勉強しなおすパターンです。
2つ目のパターンは、現役時代に、もともと医学部に進学したかったものの学力的に残念ながら医学科に進学することが出来ずあきらめてしまっていたが、進学もしくは就職してもやはり医師になることをあきらめきれず、もう一度受けなおしてみようと思いなおすパターンです。
3つ目のパターンは、もともとは医師になることを考えていなかったが、就職後に手に職を持ちたいと考え、その労力に釣り合うものとして医学部を考え始め再受験を決めるパターンです。
このパターンで受験しなおす人は、比較的優秀だと言われる人が多く、国公立大学の理系学部卒業の人が多いです。
そのため、わりとすんなり再受験に成功していきます。

医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

医学部への入り直しを考えるときに、自分の志望大学の医学部の情報に強いパイプがあるなら学士編入を狙いに行くのがおすすめです。
もしそうでなければ、地道に再受験を目指すのが良いでしょう。
一般的に、もう一度医学部に入りなおそうとした場合、年齢のブランクがあります。
やはり、一年でも早く入学し、卒業することが医師としてのキャリア形成の上でも望ましいです。
したがって、学士編入したほうが、入る大学にもよりますが、だいたい一年もしくは二年ほど早く卒業できることになります。
ただし、編入試験は大変倍率が高く、合格者が数人に対してその何十倍もの申し込みがあります。
また、試験内容もその大学独自のものなので、なかなか対策が難しいのが現状です。
ですから、もし友人がその大学医学部にいて、過去問対策をしてもらえるといった場合には大変おすすめですが、そのような状況にない場合は、地道にコツコツと勉強した分だけ結果が出る再受験を選択しましょう。