医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

CONTENTS
新着情報

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

医学部は昔からまとまらないのじゃ。残念じゃが、試験日程はいつももめるのじゃよ。多浪、学士卒は充分な時間がほしいが、現役に近い連中は記憶力がよいからのー。理屈関係なく記憶して後で理屈がついてくるのじゃ。みんな卒業まで頑張るのじゃ。仙人も応援してるからのー。

Twitter genpakusennin 玄白仙人 - 9:08

リツイート 返信

学士なのに、実務経験で医学部の教員をしているEARL先生をdisるのはちょっろ。 twitter.com/nekonekocyan/s…

Twitter takanorituko 団地おばさん - 昨日 21:02

リツイート 返信

医学部は6年制で卒業すると学士。その後国家試験に通れば医者になれる。博士号をとるには医学部の後に4年制の博士課程に行くらしい。

フルタイムで働きながら2ヶ月半で医学部学士編入した方法~時間管理、志望校選択、これさえやれば最小努力で筆記試験突破ができる勉強法編~|ARATA|note(ノート) note.mu/aratalog/n/ne6…

自由の森学園からコロンビアか多摩大学出て、学士入学で医学部でいいんだ。我が家は。遠藤さん

Twitter 123_fujino 遠藤の流儀、新しい未来への近道 - 5/24(水) 10:17

リツイート 返信

医学部編入】生命科学講義・シグナル伝達① ~総論・細胞内受容体~ - 再受験・学士編入で医学部を目指そう tamakoro.hatenablog.jp/entry/2017/05/…

ふむふむ、医学部学士編入なんてあるのか🤔河合塾KALSが対策としては良さげだけど...

Twitter 4utctw3C8tnrWGL ILeG@医学部再受験 - 5/24(水) 0:59

リツイート 返信

彼女にMD(医学部&医師国家資格)の取得を勧めています、さすがに私立は無理なので国公立の学士枠になりそうですが、挑戦の手助けをできたらと思います。 僕ごときが、仕事をこれだけ回せるようになったのは彼女の助力なしには考えられませんし、せめて僕から出来る最大の感謝の気持ちなので、受け取って貰えたら嬉しいですね。

@gloombroombloom 院で医学部行こうとは思ってます!! 多分京大出た後に学士編入で医学部めざしますよ!

一般入試は小学生の頃から医学部に向けて受験勉強してきた高校生がライバルですが、学士編入は土俵が同じ、または似た相手がライバルです。 さらに点数以外で差別化できる部分も大きいのが特徴です。

医学部にはどんな人が再受験するの?

医学部にはどんな人が再受験するの? 医学部に再受験する人には3パターンあります。
一つ目のパターンは、生まれがお医者さんの家系で、本人が大学受験の時には、さほど医学部に興味や関心がなく、別の分野に進学してしまったもののやはり医者の家系を継ごうと勉強しなおすパターンです。
2つ目のパターンは、現役時代に、もともと医学部に進学したかったものの学力的に残念ながら医学科に進学することが出来ずあきらめてしまっていたが、進学もしくは就職してもやはり医師になることをあきらめきれず、もう一度受けなおしてみようと思いなおすパターンです。
3つ目のパターンは、もともとは医師になることを考えていなかったが、就職後に手に職を持ちたいと考え、その労力に釣り合うものとして医学部を考え始め再受験を決めるパターンです。
このパターンで受験しなおす人は、比較的優秀だと言われる人が多く、国公立大学の理系学部卒業の人が多いです。
そのため、わりとすんなり再受験に成功していきます。

医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

医学部への入り直しを考えるときに、自分の志望大学の医学部の情報に強いパイプがあるなら学士編入を狙いに行くのがおすすめです。
もしそうでなければ、地道に再受験を目指すのが良いでしょう。
一般的に、もう一度医学部に入りなおそうとした場合、年齢のブランクがあります。
やはり、一年でも早く入学し、卒業することが医師としてのキャリア形成の上でも望ましいです。
したがって、学士編入したほうが、入る大学にもよりますが、だいたい一年もしくは二年ほど早く卒業できることになります。
ただし、編入試験は大変倍率が高く、合格者が数人に対してその何十倍もの申し込みがあります。
また、試験内容もその大学独自のものなので、なかなか対策が難しいのが現状です。
ですから、もし友人がその大学医学部にいて、過去問対策をしてもらえるといった場合には大変おすすめですが、そのような状況にない場合は、地道にコツコツと勉強した分だけ結果が出る再受験を選択しましょう。