医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@kaibo_chan 群馬の学士さんの中には、医学部来る前に PhD 持っている人もいるよね(笑)

やっぱりパソコンの操作の方がいろいろな作業がはかどる。 だけど週7で薬剤師業務。毎日8時間労働です。 好きだからいまのところ苦ではないけど。やっとダブルワークにも慣れてきたし。自分にとって薬剤師は天職、だけど医学部学士編入からのダブルライセンスもあきらめたわけでない。

Twitterひろあき@薬剤師の挑戦@pharm_challe

返信 リツイート 6:44

ちょっと前の医学部学士編入学体験記見たら、山口大落ち名大とかいて、それが普通みたいに書かれてたなあと

まあ、臨床医志向の大学は多浪に厳しく、研究志向はそうでもない的なのだった気がする だから医学部学士編入の世界では旧帝大のが入学難易度低い的な? 10年ぐらい前のデータでこれも今はどうかってのだから信頼は置けないけど

返信先:@nnnirsokkk 法律系だと学士入学すらないから(あったとしても少ない)編入するか初めから希望の国立行かないと地獄でねw医学部いいねえ

Twitterお茶ノ時間 (新)💮再度フォロー頼むw@tea7w

返信 リツイート 昨日 12:27

大手企業(またはその系列)行けなかったら人生絶望的(行けても潰れたら絶望的)だと思ってるのでその時は医学部学士編入して産婦人科行ってDQNのメスガキが作ったガキをハサミで滅多切りにしてゴミに捨てるお仕事してブラック中小企業の過労死しそうな会社員の4倍くらいの給料貰いたい

Twitter深圳电科技集团@FoNeVa_py

返信 リツイート 昨日 2:33

6年後には、学士編入で医学部受けてる未来が見えます😇 #peing #質問箱 peing.net/ja/qs/114573034

返信先:@meimei881 他学部からだと、学士入学か編入になる医学部も多いと思います。

Twitterうたうたいとえかきのはは@bewizyou1

返信 リツイート 12/8(土) 8:22

RT @AllNightNihon2b: なので、理工系修士→(企業実務)→医学部学士入学 が人気になったのでした。 twitter.com/tjmlab/status/…

今日は福井大医学部学士編入最終合格発表か! 今年度の医学部学士編入の中では阪大、東京医科歯科を追い抜き、ある意味難易度トップなのでは?笑🤔(2次試験受験者212名→合格者5人)

医学部にはどんな人が再受験するの?

医学部にはどんな人が再受験するの? 医学部に再受験する人には3パターンあります。
一つ目のパターンは、生まれがお医者さんの家系で、本人が大学受験の時には、さほど医学部に興味や関心がなく、別の分野に進学してしまったもののやはり医者の家系を継ごうと勉強しなおすパターンです。
2つ目のパターンは、現役時代に、もともと医学部に進学したかったものの学力的に残念ながら医学科に進学することが出来ずあきらめてしまっていたが、進学もしくは就職してもやはり医師になることをあきらめきれず、もう一度受けなおしてみようと思いなおすパターンです。
3つ目のパターンは、もともとは医師になることを考えていなかったが、就職後に手に職を持ちたいと考え、その労力に釣り合うものとして医学部を考え始め再受験を決めるパターンです。
このパターンで受験しなおす人は、比較的優秀だと言われる人が多く、国公立大学の理系学部卒業の人が多いです。
そのため、わりとすんなり再受験に成功していきます。

医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

医学部への入り直しを考えるときに、自分の志望大学の医学部の情報に強いパイプがあるなら学士編入を狙いに行くのがおすすめです。
もしそうでなければ、地道に再受験を目指すのが良いでしょう。
一般的に、もう一度医学部に入りなおそうとした場合、年齢のブランクがあります。
やはり、一年でも早く入学し、卒業することが医師としてのキャリア形成の上でも望ましいです。
したがって、学士編入したほうが、入る大学にもよりますが、だいたい一年もしくは二年ほど早く卒業できることになります。
ただし、編入試験は大変倍率が高く、合格者が数人に対してその何十倍もの申し込みがあります。
また、試験内容もその大学独自のものなので、なかなか対策が難しいのが現状です。
ですから、もし友人がその大学医学部にいて、過去問対策をしてもらえるといった場合には大変おすすめですが、そのような状況にない場合は、地道にコツコツと勉強した分だけ結果が出る再受験を選択しましょう。