医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 学士」
に関連するツイート
Twitter

RT @hinabanana0101: 福井大学医学部学士編入試験が去年の問題とほぼ?全く?同じっていうのはヤバくない…?なぜかその噂が試験前にももう存在していたようだし、今回の試験で高得点な人は沢山いるはず。200人はいた受験生から一次で20人合格、二次の面接で5人合格するけ…

RT @hinabanana0101: 福井大学医学部学士編入試験が去年の問題とほぼ?全く?同じっていうのはヤバくない…?なぜかその噂が試験前にももう存在していたようだし、今回の試験で高得点な人は沢山いるはず。200人はいた受験生から一次で20人合格、二次の面接で5人合格するけ…

RT @hinabanana0101: 福井大学医学部学士編入試験が去年の問題とほぼ?全く?同じっていうのはヤバくない…?なぜかその噂が試験前にももう存在していたようだし、今回の試験で高得点な人は沢山いるはず。200人はいた受験生から一次で20人合格、二次の面接で5人合格するけ…

医学部学士編入にはざっと、1500万!?貯金しよ…

海外ボランティア、海外インターンどちらも参加する 海外なんちゃらにどんどん参加する それで、なんもピンと来なかったら、医学部学士編入する

大学卒業したあと、医学部学士編入する

RT @seikyoku_ch: 宮川典子は60歳で引退して、引退後は医学部学士編入して医者になって地域医療に取り組みたいらしい 『どうなる?自民党総裁選挙後の政局①』宮川典子 AJER2018.9.18(9) youtu.be/2Tg1d4nQlEw @YouTub…

東大いったら色んな仕事につけるからなぁ。医学部にいったら基本医師だしね〜。あと東大なら医学部への学士入学も視野に入るからなあ。 あああ最上級の家庭環境と知能指数を得た最上級に運がいい人達の羨ましい話である。

Twitter爆乳パイズリ大ちゅき赤ちゃん@eIuYM5p3E2tCfMd

返信 リツイート 9/19(水) 3:24

北大って医学部1年で入って学士編入で2年から工学部とかできないのかなぁ

宮川典子は60歳で引退して、引退後は医学部学士編入して医者になって地域医療に取り組みたいらしい 『どうなる?自民党総裁選挙後の政局①』宮川典子 AJER2018.9.18(9) youtu.be/2Tg1d4nQlEw @YouTubeさんから

医学部にはどんな人が再受験するの?

医学部にはどんな人が再受験するの? 医学部に再受験する人には3パターンあります。
一つ目のパターンは、生まれがお医者さんの家系で、本人が大学受験の時には、さほど医学部に興味や関心がなく、別の分野に進学してしまったもののやはり医者の家系を継ごうと勉強しなおすパターンです。
2つ目のパターンは、現役時代に、もともと医学部に進学したかったものの学力的に残念ながら医学科に進学することが出来ずあきらめてしまっていたが、進学もしくは就職してもやはり医師になることをあきらめきれず、もう一度受けなおしてみようと思いなおすパターンです。
3つ目のパターンは、もともとは医師になることを考えていなかったが、就職後に手に職を持ちたいと考え、その労力に釣り合うものとして医学部を考え始め再受験を決めるパターンです。
このパターンで受験しなおす人は、比較的優秀だと言われる人が多く、国公立大学の理系学部卒業の人が多いです。
そのため、わりとすんなり再受験に成功していきます。

医学部にはそもそも再受験と学士編入はどっちが良い?

医学部への入り直しを考えるときに、自分の志望大学の医学部の情報に強いパイプがあるなら学士編入を狙いに行くのがおすすめです。
もしそうでなければ、地道に再受験を目指すのが良いでしょう。
一般的に、もう一度医学部に入りなおそうとした場合、年齢のブランクがあります。
やはり、一年でも早く入学し、卒業することが医師としてのキャリア形成の上でも望ましいです。
したがって、学士編入したほうが、入る大学にもよりますが、だいたい一年もしくは二年ほど早く卒業できることになります。
ただし、編入試験は大変倍率が高く、合格者が数人に対してその何十倍もの申し込みがあります。
また、試験内容もその大学独自のものなので、なかなか対策が難しいのが現状です。
ですから、もし友人がその大学医学部にいて、過去問対策をしてもらえるといった場合には大変おすすめですが、そのような状況にない場合は、地道にコツコツと勉強した分だけ結果が出る再受験を選択しましょう。