医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

やはり医学部か…いつ編入する?私も同行する

Twitter zaltoprofen 転職活動 - 0:11

リツイート 返信

@1_billion_V 医学部編入

頭冷やして考えたら、まあ、独文科のままでいいかな…。フロイトの他にもクレぺリンとかヤスパースとかビンスワンガーとかいるし。そういう人たちを思想史的に研究すれば良いか。どうしても臨床となると医学部までいかなくても教育学部学士編入で臨床心理やるとかかなぁ。

Twitter army09750294 サトゥルヌス - 昨日 22:35

リツイート 返信

たまたま解剖の先生と話したんだけど、学士編入の面接の場合、医師を目指したきっかけは仕事とかで医者じゃないとダメだな〜って感じた人の方が合格させたくなるそうな。 まぁ、たしかに「子供の頃に〜」系は現役生に腐るほどいるもんねー(・ω・`) #医学部 #学士編入

Twitter igakubunow じょーじ@医学部 - 昨日 17:19

1RT リツイート 返信

土曜日は山口大学・鹿児島大学、日曜日は弘前大学で医学部学士編入試験です!受験生の皆さん、寒さにまけずがんばってきてくださいね! #医学部編入 #医学部 #河合塾KALS

Twitter kalsigakubu 【河合塾KALS】 医学部学士編入 - 昨日 16:25

リツイート 返信

OECD各国の人口10万あたりの医学部卒業生 on.forbes.com/6013DB627 OECD平均は12。日本以下はイスラエル(5)のみ。各国とも医師増加を図る中、医学部が5校のアイルランドでは2006年に学士入学制度を導入し(学士持ちの医学部編入者は履修期間が2年短く済む)一気に医学生を増やした pic.twitter.com/2pNktESgLF

しばらくの間は『医学部学士編入合格しました体験記の黒歴史』を続けます。私は独学しているとき、ネットで情報を公開してくれている人の力を借りました。黒歴史であろうと、当時の私のように必要としている人に届けばいい。

Twitter dokugakushi 独学氏@医学部学士編入 - 11/23(木) 14:58

リツイート 返信

@she9rry ハルさんこんにちは^^俺の姉も保健師ですよ。文系で受験失敗してバイト生活の後京都府立医科大学医療技術短大(今4大)行った後、京都に約10年勤めて自力で奨学金ほぼ全額返して、結婚してから大阪大学医学部保健学科編入して年齢ぎりぎりで公務員?かなんかの保健師として小学校か何かで働いてる

ホームページも作成中… 年内に公開予定です。 医学部編入試験は情報が手に入りにくいので、 こちらで役立つ情報を発信していけたらと思います。

Skypeでの医学部編入指導を行っています。よろしくお願いします。

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。