医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

あんまり大きな声で言えないんですけど…彼氏が…医学部編入目指す…かも…ううう、全力で応援する所存…だけど…これから4〜5年先、どうなるんやろ…馬車馬のように働いて…彼氏を支えなければ…いけない…(?)

ですねー。日本の医学部の学生の授業態度は(私自身も含め)最悪です。その点、再受験組や学士編入の人たちは「超」がつくほど真面目でした。アメリカの真似事は好きではないですが「アメリカのmed school制度も悪くはないのかな」と思ってしまいましたよね。

Twitter TootsieRoll2581 東大SPHを目指す貴方へ

返信 リツイート 昨日 16:38

返信先:@engineerlady3 生命科学系以外の人は再受験すればいいのにって思います 大半の医学部合格レベルに大学受験時に達してたわけだし、思い出すだけなのに… 生命科学系だったら編入と再受験両方受ければいいし

返信先:@BookloverMD 懐かしいですね。 経済学部から、医学部編入ですか? 大学に勤めていたので、 同級生は、教授になっている人多いですが、、、私 子供育てと両立できなくなり 大学退職 両親も、バリバリ働いていたから、人生色々です。

あまり仲良くない知り合いだけど、H庫医科大に裏口で入ってたはず 奴は、立派に産婦人科の病院を継いでるのかな? 25年前は私立大学医学部は、よくあること。 30年前は、県立農業高校でも裏口あったなぁ。 その県立農業大学から地方国立大の編入も裏口ってか1,2名の口利きがあったなぁ

#受験の心得 信念とはまだ見ぬことの成就を信ずることである。そして、信念を持つことによって得られるものは、信じたことの経験である。-アウグスティヌス-(354~430 神学者。北アフリカ出身)受験も同じ/大学受験/・・・・医学部受験/院試/大学編入/高校受験/高卒認定/小中学生高校生学習指導/

Twitter hoshunan 塾芳春庵@京都伏見稲荷大社前

返信 リツイート 昨日 10:50

#受験の心得 Faith is believing what you have not seen yet, and,the reward is the ability to see what you believe.---Augustinus-------大学受験/医学部受験/高校受験/院試/大学編入/高卒認定/昼間部/個別指導・個人指導/塾芳春庵/京都Brains

Twitter hoshunan 塾芳春庵@京都伏見稲荷大社前

返信 リツイート 昨日 10:50

ツイッター見ると医学部編入や再受験で頑張っている人がいっぱいいるな〜 俺はまだ大学1年で医学部再挑戦は考え中だからこのような人達のツイートが参考になっています。 皆さんが合格することを心から願っています。これからも応援しています。

返信先:@ohhhhhhhyeah___ ふつうに地方医目指すか……(学士出て貯金して医学部編入もなくはない)

最近、医学部編入の志望動機や勉強方法への相談が輪をかけて増えている。最早毎日2-3時間かけるライフワーク。 一人の大人が人生を変える挑戦を今まさにしていて、自分がそれに関わっていると思うと、力も入るし気が引き締まる。けど、それに携わること、役に立てることが、僕にとって最大の喜びだ

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。