医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

医学部編入試験はいよいよ面接始まりますね。自分は相当時間かけました。大学のこと、その地域のこと、自身のことしっかり振り返ることで差別化できました。igaku-sei.com/2018/05/26/医学部学士編入面接対策でした自己紹介と30の質問/

Twitter ruruiru ゆう 医学部学士編入生

返信 リツイート1 12:19

今日は東海大学医学部 学士編入試験!?

Twitter doctor_cmcm 暇な医学生

返信 リツイート 11:26

医学部学士編入の物理で検索して田原真人先生に行き着いたんですけど、多分この方の講義を十数年前に受けました。懐かしいです。河◯塾のテキストとは別に大量に印刷した独自教材を渡されてちょっとビビったけど楽しい講義だったと記憶しております。今は独立して面白そうな活動をされているんですね。

Twitter med_bltn 人生反省ノート

返信 リツイート 6:58

RT @1haraP: 医学部編入の最強の予備校は旧帝大四年制薬学部。適度な学歴と生命科学の知識の習得が可能、志望動機の考えやすさ、万が一のときの就職、院進学サポートが万全。編入後の学習を楽にするカリキュラム。他予備校と比較し格安の学費、四年間の徹底学習で進学実績多数。医学部編…

正直悪い医師像の例だとおもいます。 経済的社会的に恵まれるから医師を目指す。 大いにアリです。 変に意識高い方ではなく、柔軟に遊び心のある方が医学部学士編入を突破してくださることを願っております。 twitter.com/ticgd3/status/…

Twitter meditrans_gks MediTrans 医学部学士編入サポート

返信 リツイート3 昨日 14:21

日程がかぶらない限り、医学部学士編入試験は実施校すべてを受験することができます。 しかし、金銭面、体力面、スケジュールを考えて受験校を決めてください。「手当たり次第」は「中途半端」になりがちです。 特に出願書類は大学ごとに練る必要があるので、それなりの時間がかかります。

Twitter ShunHennyu シュン@医学部学士編入屋

返信 リツイート 昨日 13:00

医学部では、解剖の授業があります。筋肉・神経・骨の場所や機能だけでなく、それらの名前を日本語と英語で覚えさせられます。それに比べたら編入試験の暗記は軽い軽い。

Twitter ShunHennyu シュン@医学部学士編入屋

返信 リツイート 昨日 7:00

返信先:@nogi__nyan マジっすかwww 意地でもこの大学の医学部に行きたいので この大学の付属高校に編入しますわwww

Twitter winning_CR7 kurono@ついに念願のオスカルを獲得!!あとは、アランを求めるだけなのにその思いは届かない...

返信 リツイート 5/25(金) 23:56

医学部生活は医学部学士編入試験対策に最適です。igaku-sei.com/2018/05/25/医学部生は医学部編入試験に合格できるか?/

Twitter ruruiru ゆう 医学部学士編入生

返信 リツイート 5/25(金) 22:07

返信先:@Uchida_Ya 今から医学部編入しよう!

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。