医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

やっぱりパソコンの操作の方がいろいろな作業がはかどる。 だけど週7で薬剤師業務。毎日8時間労働です。 好きだからいまのところ苦ではないけど。やっとダブルワークにも慣れてきたし。自分にとって薬剤師は天職、だけど医学部学士編入からのダブルライセンスもあきらめたわけでない。

Twitterひろあき@薬剤師の挑戦@pharm_challe

返信 リツイート 6:44

まあ、臨床医志向の大学は多浪に厳しく、研究志向はそうでもない的なのだった気がする だから医学部学士編入の世界では旧帝大のが入学難易度低い的な? 10年ぐらい前のデータでこれも今はどうかってのだから信頼は置けないけど

岩手医科大、編入試験で同大出身者優遇 3私大医学部が不適切入試会見 mainichi.jp/articles/20181… "岩手医科大(岩手県)、金沢医科大(石川県)、福岡大(福岡県)の私立大3校…岩手医大は、医学部への編入試験で同大出身者を優遇して合格させたなどと、指摘を受けたと発表"

TwitterPunica granatum@saphir_

返信 リツイート 0:43

RT @nhk_morioka: 【ニュース】盛岡市の岩手医科大学で、ことし2月に実施した医学部への編入試験で、文部科学省から岩手医科大学の出身者を優遇して合格させたとして、不適切だと指摘されていたことがわかりました。(続く)www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/… #n…

タブレット保有したことない時点で桜田現象始まってるのかな。うー悔しい。 医学部の一般入学の子たちや開業医継ぐために入ったボンボン編入生は親がクリスマスの夜に枕元に置いておいてくれるんだろうな…

編入試験の書類審査で、北陸3県の高校出身者かどうかや、年齢に応じて得点調整 福岡大 ・高校の調査書の評価を点数化する際、1浪は現役生の半分、2浪以上は0点に』 新聞によると 岩手医科大 佐藤洋一・医学部長「出身者に優位性を持たせるのは、私学の裁量の範囲内と考えていた」 →

Twitter×たまちゃん♥♦♣♠@batsutama

返信 リツイート 昨日 21:25

『3医学部 特定者を優遇 不適切入試一斉公表』(朝日新聞) 『■不適切入試の内容 岩手医科大 ・編入試験で同大歯学部出身の受験生を優遇 ・一般入試の追加合格で、特定の受験生を優先 金沢医科大 ・AO入試で同窓生の子、北陸3県の高校出身者、現役・1浪生に加点 →

Twitter×たまちゃん♥♦♣♠@batsutama

返信 リツイート 昨日 21:25

アメブロを更新しました。 『岩手医科大、編入試験で同大出身者優遇 3私大医学部が不適切入試会見』 #編入試験 #バルサルタン捏造論文 ameblo.jp/supereagles200…

Twitter寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受@FOOTBALL66

返信 リツイート 昨日 19:04

医学部編入試験合格者は高学歴だけかと言う質問を頂きました。 主観では高学歴の人が多いですが、もちろん例外もあります。 単に、高学歴の人の方が試験で高い点数を取ってくるだけでしょう。 私の先輩には偏差値40台の私立薬学部の人がおりますし、編入仲間には無名私立大学の人もいます。

Twitterシュン@医学部学士編入屋@ShunHennyu

返信 リツイート 昨日 19:00

医学部編入しました。 pic.twitter.com/WKEAwnDTxF

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。