医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

RT @3QpxrO2MeaIdUw9: 医学部編入試験でもこのようなあからさまな不公平な試験が行われています。最初から「試験結果は参考程度にしか見ません。縁故と学歴優先です。」と募集要項に記載した方がまだ公平です。 twitter.com/mainichi/statu…

RT @3QpxrO2MeaIdUw9: 医学部編入試験でもこのようなあからさまな不公平な試験が行われています。最初から「試験結果は参考程度にしか見ません。縁故と学歴優先です。」と募集要項に記載した方がまだ公平です。 twitter.com/mainichi/statu…

返信先:@rxcfl パソコンカタカタ大学医学部看護学科に編入するか?

TwitterDulce et Decorum est@higekinohero

返信 リツイート 21:27

医学部編入した人で、単位認定いけるからって確定前に授業サボってたら、優じゃないと認定せんわ!ってつっかえされて危うく留年しかけたって聞いた それ以外は聞いたことがないしなんなら将来足りなくなれば、大抵のことは放送大学の単位でいけるし聴講生制度もあるので

現役大学生の時って、優じゃないとその後の人生に何か不利益があるんじゃないかって思ってしまうけど、卒業してしまうと医学部編入して単位認定に利用とかでない限りは、取れたか取れてないかしか判定されず、つまり優だろうが可だろうか一緒くたなのであんまり気にしてはならない

おんなじ検査の2個上の先輩、学士編入で来年から北大医学部行くらしいと聞いた。すげー。

Twitterすりーいん@医学部学士編入@med_arissan

返信 リツイート 18:32

御茶ノ水アゲイン。 東京医科歯科大学に行ったった‼️ 日本の医学部は研究室しか出入りしたことないので、新鮮👀 学生ライフを想像し、色々と見られて楽しかった😁(受けるかは未定だが) 学士編入の入試問題を見せてもらうことが出来た。コピー・写真OK✨ ワイの大学名見っけ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ pic.twitter.com/5Z0FMqOU8p

Twitterまりっぺ@アメリカで医者になる‼️ジャパン🇯🇵なう@Marippeppeppe

返信 リツイート 17:38

#受験の心得 信じるとはまだ見ぬことの成就を信ずることである。そして、信じることによって得られるものは、信じたことの経験である。-アウグスティヌス-(354~430 神学者。北アフリカ出身)受験も同じ/大学受験/・・・・医学部受験/院試/大学編入/高校受験/高卒認定/小中学生高校生学習指導/

Twitter塾芳春庵@京都伏見稲荷大社前@hoshunan

返信 リツイート 12:43

返信先:@minesoh いえいえ、質問箱での薬学部からの医学部編入みたいな件で凄い!ってなって気になってつい検索かけてしまいました

iPS細胞について書いてんだけどこんな生命科学力じゃ医学部編入できないわ。

Twitterいま流行りの鍼灸師🦔小柳弐魄(ニハク)@nihaku

返信 リツイート 6:58

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。