医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 編入」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@mirai_krhr1211 う〜ん😅 今年は医学部受験もあり、更に編入試験は全て駄目だったので、まだあまり良い年とは言えないですね😅 これから勉強頑張って良い年にしたいです‼️ だけど、ルナリウムの皆さんに会った事、未来ちゃんに会えた事はとても良かった事ですね〜😊😊😊

知り合いが早稲田中退して医学部編入して実質4浪だから2浪はセーフ

TwitterKOROKORORΛN. ♶⌬☤@korokororan

返信 リツイート 昨日 13:47

医学部学士編入予備校K◯LSの講師陣には、賛否両論あると思います。 生命科学の井◯先生は実際に臨床医としても働いておられるので、医者としてのお話を聞くのも楽しいです。 あくまで個人的にはですw

Twitterシュン@医学部学士編入屋@ShunHennyu

返信 リツイート 昨日 13:00

大学受験にて年齢により落とさされていたのは公知の事実。 社会人からの医学部編入を受け入れていたのは一部だというのがよく知られている。 だか、性別による差別は許されざる行為。 #大学受験 #医学部

「娘が別の大学の医学部に入学し、編入を希望している母親は『大学の都合で女子を落としたのに申し訳ないで済まそうとした説明だった。大学の都合を押しつけられるのは納得できない』と話していました。」 東京医科大学 追加合格の対象者らに説明会 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

Twitter医学部入試における女性差別対策弁護団(LEDAWE)@igakubujosei

返信 リツイート56 昨日 9:16

医学部編入を目指す方は、試験はもちろんですが、面接もかなり重要視されます。 面接は練習すればかなり上達しますから、早めに練習しておきましょう。

Twitter目指せ大学編入合格!@bcd20457990

返信 リツイート 11/16(金) 22:30

【合格者速報】2018年度実施試験 医学部学士編入試験合格者数を更新いたしました!誠におめでとうございます。2017年度実施の国立大学医学部学士編入試験では、入学者の2人に1人が河合塾KALS受講生となりました。今年も続々と合格報告が届いています! 詳細:kals.jp/medical-trn/re… #医学部学士編入

Twitter【河合塾KALS】 医学部学士編入@kalsigakubu

返信 リツイート 11/16(金) 11:35

北海道大学医学部学士編入試験に最終合格された方おめでとうございます! こちらのページにございますPDFに記載がございます med.hokudai.ac.jp/news/2018/1116…

TwitterMediTrans 医学部学士編入サポート@meditrans_gks

返信 リツイート 11/16(金) 10:10

氏、来年医学部編入受けることになってわろた。なんか普通に受かりそうだよな

返信先:@yuchida1605 ぼくが医学部編入したのは実はそのあたりも狙ってたりする

Twitter中村恒星/医学生チャンネル@kkkkosei777

返信 リツイート 11/15(木) 21:50

医学部編入に向いている人

医学部編入に向いている人 医学部編入制度とは、大学卒業者やその見込みがある者がこれまで大学や社会で学んだ知識などを活かして、希望する大学医学部に編入学することですが、一般入試と比べて試験科目が少ないという特徴があります。
そのため、一般入試よりも受験勉強が易しいと考えられますが、出題範囲が広いため、準備にはある程度の時間が必要となります。
そこから考えれば、医学部編入に向いている人の条件としてまず第一に挙げられるのが、地道な努力を苦に思わずに続けられる人となります。
編入試験のためにコツコツと勉強を続けていけるかどうかというのは合否に関わってきますので、社会人であればなおさらその時間を捻出する努力が必要といえるでしょう。
そのため、スケジュール管理能力も求められる条件の一つといえます。
そして、やはり当たり前ですが、医師になりたいというモチベーションがなければ、こうした日々の努力の積み重ねはできませんので、医師になりたいという気持ちが強いというのも絶対に外せない条件なのです。

医学部に編入するには

社会へ大きく貢献できる仕事の一つである医師に憧れを抱く人は多く、中には一度、他の道へ進んだにも関わらず改めて医学部への編入を果たす方もいます。
もちろん早いうちから目標に向けて勉強するのも大切なことですが、その他の学部へ入学してからや社会に出てからでもけして遅すぎるということは有りません。
大きく分けると学士向けの「学士編入」と現在他の学部に通っている方が対象の「一般編入」の2パターンがあり、どちらに当てはまるかにより内容は多少異なりますが、いずれにせよ医学の知識を身に付ける礎となる生物、科学、物理はほぼ欠かせません。
独学で必要科目を身に付けることも不可能ではないかもいれませんが、やはり医学部ともなればそれなりのレベルを身に付ける必要があるので編入専門の講座を受講すると勉強効率が格段にアップするのでおすすめです。
もちろん面接も大切な要素の一つとなるので、そちらの対策も忘れず準備しておくことで医学部への近道に繋がります。