医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 受験」
に関連するツイート
Twitter

#医学部 #歯学部 #受験 の 進ゼミ京都。1年間合宿予備校(大分県国東市)。詳細はお電話で。 Tel 0978-72-2004 #oita #kyushu ow.ly/x3FS300Zgg6

Twitter shinzemi_kyoto 進ゼミ京都 - 15分前

リツイート 返信

高校生諸君。#医学部 #歯学部 #受験 の「進ゼミ京都」で成績UP! 現役で志望校に合格しましょう!詳細は tel 075-642-5815 まで。 #kyoto ow.ly/x3FS300Zgg6

Twitter shinzemi_kyoto 進ゼミ京都 - 29分前

リツイート 返信

あーーーーもう医学部受験やめます

Twitter dum0spiro_spero 豆乳メンタルのさゆぽん - 11:38

リツイート 返信

私の基本情報のムカつくところをかいつまんで紹介すると「医者家系の家庭で両親とも医学部卒、父親は開業医で母親は専業主婦、四人兄弟の末っ子で現役青学に入学するも中退しフリーターを経てイギリスに一年留学、イギリスの大学も辞めて再度大学受験」という感じで、最悪すぎて笑える 愛してくれよな

Twitter oqua_ OQUA - 11:09

リツイート 返信

LINEやSkypeによる添削も行っています。受験情報やオススメの参考書、勉強方法に関する質問、都内国公立及び私立大学や医学部の最新の入試事情、内部情報知りたい方も、ぜひお気軽にご相談ください。尽力いたします。kato_matsumoto@yahoo.co.jp#twirobo

Twitter kato_matsumoto 東大生*一橋生による 加藤松本塾 - 11:02

リツイート 返信

東研学院予備校 少人数制大学受験 ◎高校生・高卒生(朝から)対象 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 token-ac.com

Twitter token_ne 東研学院予備校 - 11:01

リツイート 返信

試験終了時には解答速報が出てるから医学部受験はクソ

Twitter medical_kuso 私立医学部受験クソbot - 10:40

リツイート 返信

医学部入ったら受験より勉強大変と聞いて落ち込み中

Twitter mame19980123 ゴリラ13 - 10:21

リツイート 返信

医学部受験 12月の過ごし方 センター1ヶ月前なのでみなさん緊張していることでしょう。 igakublogkun.hatenablog.com/entry/2017/11/…

Twitter igakublog 努力すれば誰でも医学部に受かる! - 10:14

リツイート 返信

RT @oskmin_igakusei: 模擬面接&医学生としゃべり場&奨学金説明会開催‼️ なぜ医師になりたいか、医師像を自分の言葉で話せますか? 是非チャレンジして下さい。 #医学部 #受験 #面接 #医学生 pic.twitter.com/Uoct6k4kvM

Twitter oskmin_MH 林雅大(大阪民医連) - 10:04

リツイート 返信

医学部の受験について

医学部の受験について 医学部の受験は東大に合格するよりも大変だといわれています。
それは東大は学部合計で1000人もの合格者を出すのに対して国立大学は、1学年で100名程度の合格者しかださないということと、センター試験で9割の得点をとらないと合格には近づけないからです。
また国立の二次試験もかなり難易度が高く80%くらいの得点をださないと合格は望めません。
また私立医学部の場合も科目は少ないですが、難問がだされるために、かなりの難易度になるということと、倍率が数十倍になるのが当たり前なので、かなり難関になります。
さらには私立医学部は学費が6年で数千万になるので、資金力がないと入学できません。国立、私立ともに受験はとても大変な戦いになります。
ようやく医学部にはいったといっても、一般の大学生のように普通に勉強してなんとかなるというものではありません。
常に勉強をやらないと、留年になってしまうという過酷さもあります。医者になるのは本当に大変なことです。

医学部の受験についての考え

医学部受験は、大学受験の中で最難関といわれます。同じように最難関といわれている東大でも1学年で1000人もの合格者がでますが、国立医学部の場合は1学年の合格が100人程度です。また国立の場合はセンター試験で9割くらいの得点が必要です。
科目が多いなかでの9割というのは、相当のレベルといえます。また二次試験でも難解な問題が多いですが、8割の点数が必要ですからかなり過酷です。
では私立医学部は簡単かといえばそれは違います。科目こそ少ないですが、難問が多いということと、倍率が数十倍になるのも珍しくはないので、過酷なのは同じです。
また私立の場合は、学力だけでなく学費がとても高いです。
6年で数千万という学費を払うには、資金力があることが必要になってくるのです。
このように医学部にはいるということは、学力があればなんとかなるという考えでは通用しません。
生半可な考えでは到底合格には近づけるものではないですし周到な準備をして臨まなければならないのです。