医学部の受験について

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 受験」
に関連するツイート
Twitter

まずなぜ親のおかげなのかについて。私立の医学部に入学するとなれば莫大な学費、そして一人暮らしのための生活がかかる。私が私の親であれば、私立の医学部には行かせず、浪人させるだろう。私自身流石にお金がかかりすぎると思ったのと、受験に対して未練がめちゃくちゃあったので、浪人を希望した。

明和にいると基準が明和になっちゃってるからいいとこの大学に行かなきゃいけないものだと思ってたけど周り見渡してみたらそんなに受験こだわってる人なんていなくて医学部くらいだよね

RT @kizunameai: 東大理Ⅲ卒の名医とか聞いたことないし、医師国家試験も80校中51位と底辺。なのに、大学受験では飛びっきりの偏差値一位。 東京大学医学部医学科は早く 受験学部受験学科に改名した方がいい

TOCのあたり付き自動販売機で運を使い果たしたから医学部受験はクソ

Twitter私立医学部受験クソbot@medical_kuso

返信 リツイート 40分前

返信先:@tomataro55 医学部受験してきます🤨

返信先:@seachicken_med すごく有益ですね! フォローさせていただきました! 私も自分の周りの医学部受験生の事例をもとに、医学部受験に寛容な大学をまとめてみたのですが、やはり滋賀医は凄いですね! あと、富山とか福井も寛容ですね! ydb-info.com/kanyou

Twitter信長@ヤバイ大学受験Blog@nobunaga_ydb

返信 リツイート 47分前

・正しいマインドセット ・正しい勉強方法 を持って10時間以上勉強すれば、 医学部受験突破は可能です。wp.me/P5xM1F-1g

Twitter医学部受験 名言集@medical_bigbang

返信 リツイート 53分前

RT @kizunameai: 東大理Ⅲ卒の名医とか聞いたことないし、医師国家試験も80校中51位と底辺。なのに、大学受験では飛びっきりの偏差値一位。 東京大学医学部医学科は早く 受験学部受験学科に改名した方がいい

Twitterギウラ return 3;@giurasan

返信 リツイート 56分前

RT @kizunameai: 東大理Ⅲ卒の名医とか聞いたことないし、医師国家試験も80校中51位と底辺。なのに、大学受験では飛びっきりの偏差値一位。 東京大学医学部医学科は早く 受験学部受験学科に改名した方がいい

医学部】「将来の安定のために医学部受験」っていう考え方、一概に否定はできない。ただ多少は医学への興味がないと入ってからの勉強がツラいかな。でも国試平均合格率は約9割なわけで、医学部はいれば基本的に医者になれる。診療科も多いから、やがては好きな科、興味持てる科が見つかるかも。

Twitter英語たん【S】@問題追加!@eigotan_S

返信 リツイート 昨日 23:22

医学部の受験について

医学部の受験について 医学部の受験は東大に合格するよりも大変だといわれています。
それは東大は学部合計で1000人もの合格者を出すのに対して国立大学は、1学年で100名程度の合格者しかださないということと、センター試験で9割の得点をとらないと合格には近づけないからです。
また国立の二次試験もかなり難易度が高く80%くらいの得点をださないと合格は望めません。
また私立医学部の場合も科目は少ないですが、難問がだされるために、かなりの難易度になるということと、倍率が数十倍になるのが当たり前なので、かなり難関になります。
さらには私立医学部は学費が6年で数千万になるので、資金力がないと入学できません。国立、私立ともに受験はとても大変な戦いになります。
ようやく医学部にはいったといっても、一般の大学生のように普通に勉強してなんとかなるというものではありません。
常に勉強をやらないと、留年になってしまうという過酷さもあります。医者になるのは本当に大変なことです。

医学部の受験についての考え

医学部受験は、大学受験の中で最難関といわれます。同じように最難関といわれている東大でも1学年で1000人もの合格者がでますが、国立医学部の場合は1学年の合格が100人程度です。また国立の場合はセンター試験で9割くらいの得点が必要です。
科目が多いなかでの9割というのは、相当のレベルといえます。また二次試験でも難解な問題が多いですが、8割の点数が必要ですからかなり過酷です。
では私立医学部は簡単かといえばそれは違います。科目こそ少ないですが、難問が多いということと、倍率が数十倍になるのも珍しくはないので、過酷なのは同じです。
また私立の場合は、学力だけでなく学費がとても高いです。
6年で数千万という学費を払うには、資金力があることが必要になってくるのです。
このように医学部にはいるということは、学力があればなんとかなるという考えでは通用しません。
生半可な考えでは到底合格には近づけるものではないですし周到な準備をして臨まなければならないのです。