高校選びと英検の重要性

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 日程」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@seri_shukushou ねー、ってか医学部社会狭すぎて試験日程だけで特定されかけんのしんどくない? 愚痴も言えんやんこんなん😓

Twitterかとうひろあき(SNS源氏名)@katohrak

返信 リツイート 昨日 13:08

国立医学部というのは一次試験の配点がやけに多く、それはつまり難問は解けなくてもいいが普通の問題でミスをするのが厳禁ということなんだろうと思うんだけど、後期日程なんか二次は小論面接なので殆ど関係ないよね・・・と思いきや、後期を突破してくるのは顔面偏差値の高い女子が多かった昔話。

くっそーーー日程合わん!!!行けねえ!!!!こんなの大学生じゃねえよ!!!!😤😤医学部くそ!!留年危機は無視できねえ!!!!マカロニぃいいいいいい!!

返信先:@25sitoncup 私立大学が経営難で公立大学法人で公立化する地域が出ていますが大阪だけは大学まで2つあると無駄で統廃合の対象になるのは理解出来ません。大阪市立大学も大阪府立大学も私の高校にとっては大切な進学先です。府大は中期日程や農学部、市大は医学部や商学部で森ノ宮へ統廃合移転しなくていいのですが

❄️COOPフェア冬の抽選会❄️ ピンクレシートがもらえるのは今日を含めてあと2日しかありません💦 日程が合わない人は中央店書籍カウンター・医学部店でレシート交換しましょう! ID登録はコチラから↓ gucoop.jp/news/fair18win… 【レモン】 pic.twitter.com/nsOWBe3Kfp

Twitter岐大生協学生委員会(GI)@gucoopcsc

返信 リツイート2 12/6(木) 14:45

【日本大学 医学部・附属看護専門学校】 オープンキャンパス 日程が決定しました。 【医学部】 ☆オープンキャンパス 7/25・26(木・金) 10:00~15:00 【附属看護専門学校】 ☆学校説明会 7/6(土) ☆学校説明会 8/21(水)

Twitterオープンキャンパスへ行こう@opencampusgo

返信 リツイート 12/4(火) 14:00

返信先:@kyopi2009 ひいい…うちの近所には「娘の彼氏が医大生」なだけで医学部の試験日程を把握してるおばさんがいました。。「もうすぐ国試ですね」と話しかけられたうちの母「コクシってなんですか」

Twitterある精神科医@0歳児そだて中@usychiatrist

返信 リツイート 12/3(月) 14:51

慶應は合格発表が国公立二次前(医学部除く。)であるのに対し、早稲田は法、文構、国教、人科、スポ科以外合格発表がニ次の最中ないしは試験後という事情が大きい。 センター利用で国立組を呼び込もうとはしているが、慶應の方が日程的に併願しやすい。

医師国家試験の後の卒業旅行 1.ネガティブ発言野郎と一緒に行かない 旅行中ずーっと『落ちた、落ちた』言い続ける奴がいると超つまらなくなります 2.ありきたりな欧州ツアーに行かない どこへ行っても似たような日程の似たようなツアーで医学部の奴らに会います 僕は北米でへリスキーしました⛷🚁 pic.twitter.com/1bca78RokB

[JAZZ研合同LIVE] 日程:11月23日(金・祝) 荒牧祭1日目 時間:10:00〜16:00 場所:教養棟GB155 ゲスト 医学部モダンジャズ研究会 理工学部モダンジャズ研究会 Fore-Bridge Orchestra G.K.Allstars Mischmasch Kranic Orchester Little Easy ぜひお越しください!

Twitter群馬大学荒牧ジャズ研究会@AramakiJazz

返信 リツイート1 11/22(木) 21:56

大学受験・医学部受験における日程の考察

大学受験・医学部受験における日程の考察 大学受験の中でも最難関学部のひとつとして挙げられる「医学部受験」ですが、受験対策における学力分野ではなく受験日程について考察を行います。
まず、受験する医学部選択のひとつとして大学間の難易度以外に、入学後の学費の高さについても大きなポイントになります。
一般的に高額な学費がかかるという事が常識となっていますが、国公立大学と比較して私立大学は更に高い学費が必要であると言われています。
「医師になる」という目的を実現する事を考えると、出来るだけ学費のかからない大学に入学する事が、実は大きなメリットにもなるのです。
医学部以外でも同様ですが、進みたい学部を決めて、受験する大学の選択をする際に大切な事が「受験日程」です。
殆どの私立大学は国公立大学の受験日前に合否が判明します。
闇雲に受験するわけにはいかないので、希望する大学の受験日程を十分検討し、無理の無いスケジュールを立てる事が必要になります。
当然、合格後に入学手付金を払うのですから、国公立大学の合格発表日を踏まえ、可能な限り無駄の生じない受験日程の決定が重要です。

医学部の一学年の人数

医学部の一学年当たりの人数はどのようになっているのでしょうか。
経済学部や法学部のような文系の学部だと、一学年当たり千人近くの学生がいることも珍しくありませんが、医学部の一学年当たりの人数はそれらと比べるととても少なく、概ね百人前後となっており、その為入試の倍率はとても高く、それに伴い難易度もとても高くなっています。
これは一学年当たりの人数が多いと教師の目が届きにくくなりますし、実習や実験などもとても多いので生徒が多いと対処が困難になるという理由が挙げられます。
人の命を預かる医師を要請する学部ですので、確実な教育が必要になりますし、定員の都合上実習が受けられない生徒がいては大変です。
また全体でみると医師が多すぎても困りますし、素質や才能がない生徒まで受け入れて結局医師になれなかったとしたら大変ですので、それらの事情も踏まえて医学部は一学年当たり概ね百人前後の少人数で教育を行っているというわけです。