高校選びと英検の重要性

大学受験・医学部受験における日程の考察

大学受験・医学部受験における日程の考察 大学受験の中でも最難関学部のひとつとして挙げられる「医学部受験」ですが、受験対策における学力分野ではなく受験日程について考察を行います。
まず、受験する医学部選択のひとつとして大学間の難易度以外に、入学後の学費の高さについても大きなポイントになります。
一般的に高額な学費がかかるという事が常識となっていますが、国公立大学と比較して私立大学は更に高い学費が必要であると言われています。
「医師になる」という目的を実現する事を考えると、出来るだけ学費のかからない大学に入学する事が、実は大きなメリットにもなるのです。
医学部以外でも同様ですが、進みたい学部を決めて、受験する大学の選択をする際に大切な事が「受験日程」です。
殆どの私立大学は国公立大学の受験日前に合否が判明します。
闇雲に受験するわけにはいかないので、希望する大学の受験日程を十分検討し、無理の無いスケジュールを立てる事が必要になります。
当然、合格後に入学手付金を払うのですから、国公立大学の合格発表日を踏まえ、可能な限り無駄の生じない受験日程の決定が重要です。

医学部の一学年の人数

医学部の一学年当たりの人数はどのようになっているのでしょうか。
経済学部や法学部のような文系の学部だと、一学年当たり千人近くの学生がいることも珍しくありませんが、医学部の一学年当たりの人数はそれらと比べるととても少なく、概ね百人前後となっており、その為入試の倍率はとても高く、それに伴い難易度もとても高くなっています。
これは一学年当たりの人数が多いと教師の目が届きにくくなりますし、実習や実験などもとても多いので生徒が多いと対処が困難になるという理由が挙げられます。
人の命を預かる医師を要請する学部ですので、確実な教育が必要になりますし、定員の都合上実習が受けられない生徒がいては大変です。
また全体でみると医師が多すぎても困りますし、素質や才能がない生徒まで受け入れて結局医師になれなかったとしたら大変ですので、それらの事情も踏まえて医学部は一学年当たり概ね百人前後の少人数で教育を行っているというわけです。