国立大医学部の難易度と試験対策

CONTENTS
新着情報

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 国立」
に関連するツイート
Twitter

@k_908i いや~国立医学部きついっすw

Twitter azuki_cs どらぷりん/猫 - 16:48

リツイート 返信

【ついに明るみに!医療・薬品業界の裏!】製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す! rui.jp/ruinet.html?i=…

Twitter hekohekohe へこへこーへー - 16:48

リツイート 返信

松本 俊彦 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長 1967年神奈川県生まれ。佐賀医科大学医学部卒。精神科医。 日本アルコール・アディクション医学会理事などを務める。 pic.twitter.com/ysFZYZ4XFO

Twitter bunka_forum AIDS文化フォーラムin京都 - 15:32

リツイート 返信

国立大学医学部長会議」はなぜ「全国市長会」への反論をしたのか? huffingtonpost.jp/mareyuki-endo/…

Twitter medical6905 無病息災? それとも、一病息災? - 14:33

リツイート 返信

橋爪健作先生はマジモンの神(ゴッド) 橋爪健作先生のおかげでうんこ製造マシーン兼アニメ視聴マシーンだった浪人生の俺が国立医学部に合格することができた

Twitter r_2o 🥕Ritsuo🥕 - 13:47

1RT リツイート 返信

国立医学部ってその地域の天才あつまりそ

Twitter l0y01_ MC Hannibal - 12:09

リツイート 返信

@chocolate__ura 国立大と医学部以外は総じてクソ( ̄ー ̄)パァ

Twitter uraura_tommy トミー三世 - 11:47

リツイート 返信

国立T大医学部はめでたいでしょう。

アメブロを更新しました。 『京大、旧帝、国立医学部をめざす方たちに告ぐ(8)。』 ameblo.jp/takagishigemi/…

Twitter TakagiShigemi Takagi Shigemi - 9:01

リツイート 返信

...思い、この人の経歴で(笑)❤大学2年で24歳❗「おい、その年齢、6年生だろう。私大 でしかも4年浪人してるか、4年留年してる事でしょう。あり得ない⁉ 私の後輩は、医学部現役入学で大学教授、同クラスの男はバスケットボールやり過ぎて2浪だけど医学部目指したがだめで、歯医者になった。こういう訳の解らない人が医療系大学へ行く...

Facebook 郷原平 - 8:45

国立大の医学部は最難関

国立大の医学部は最難関 国立大学は大学郡の中でも別格で、特に旧帝国大学医学部や旧医科大学と呼ばれる大学の医学部は、必要とされる偏差値がかなり高く、相当の学力が備わっていないと入学することが難しいと言えます。
なぜ国立大学に人気が集中して高難易度になるのかというと、その一つの理由が授業料を含めた総額費です。
医学部の卒業には最低6年間の修業年限が必要で、単純計算でも授業料が1.5倍必要なことに加え、その間の生活費や交通費、家賃なども上乗せされます。
また文系よりも実習に関する費用やテキストも高額になる傾向があります。それでも国立大学は私立大学と比較すると、かなり費用が低く抑えられるのです。
また国の機関であるため医学的な研究レベルが総じて高く、卒業後の進路についてもきちんと保証されるというのも魅力的です。
学費を出す保護者が多くの資産を持っていれば私立大学の医学部でも問題はありませんが、ごく普通の一般家庭の場合は多額の学費を捻出することが難しいでしょう。
その点国立大学は費用の面で安心感が高いといえます。

医学部の入試問題は試験対策になる

医学部を受験する時は、以前の入試問題を繰り返し解くようにしましょう。
過去の入試問題を解けば、その医学部の傾向が把握できるようになります。過去の問題と同じ問題が出題されることはほとんどありません。
しかし、過去の問題に似た問題が出されることは良くあります。最初に過去の問題をやった時に、あまりに正解数が少なくて、落胆してしまうかもしれません。その時はできなかったことを発奮材料にして勉強を続けましょう。
数学や理科などの理系の問題は過去問を解きながら、問題のパターンとそれに合った回答の仕方を身に付けるようにします。
その医学部の試験の傾向からまったく異なった問題が出されることはほとんどありません。こんな問題ではこのような解き方をすると頭の中に入れておけば、本番の試験で慌てることはありません。
国語や英語などの文系の問題では、自分が間違ったところを重点的に復習します。
特に英語の場合は、自分の知らなかった単語や表現を確実に覚えるようにしましょう。