国立大医学部の難易度と試験対策

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 国立」
に関連するツイート
Twitter

国立医学部、ベースがそもそも年間78万だからなあ(他の学部は53万とか

Twitter時雨@受票/図室/12101400新/1215歯/12201250TB病院@lollypop0bullet

返信 リツイート 13:06

RT @vhbwyngpd1: 国立の差別が明らかになってないこと、今東京医大の件で騒いでる団体が見逃してるのかあえて騒いでないのか知らんが、 国公立の医学部入試の差別について叩くそぶりを全く見せてないのをみると、 違和感を覚える なんかつながってるのか??

返信先:@syu6d 友達に、六年間浪人して国立医学部に行った奴がいるわ。 別に親が医者ってわけじゃなくてな。 体が弱い奴で、学校も休みがちだったけど、同じように体が弱い人の気持ちがわかるから助けになりたいんだと。 俺には絶対に出来ない、努力は才能だよ。

これがFラン大学の話ではなく、医学部とその余波が国立大学に波及するところが致命的。

でも...本命は国立医学部なんでしょ?

私立大医学部の不正入試って、不正なのかな? 学力のある人は国立を受けるわけで、私立を受ける時点で少し負け組。 公平な勝負をしたいなら国立を受ければいいし、うちの高校でも超お金持ち以外は国立目指してる。 私立落とされて文句言うって、負け犬の遠吠え。

RT @UT_SpecialRapid: 合格率84%の国立医学部って…。こんなんでいいのか? #推薦 #地域枠 pic.twitter.com/FokVACLxS6

国立大文系の娘の学費が、私立大医学部の息子の学費の10%程度なので、国立大の学費値上げと聞いても感覚が麻痺してしまって当事者意識が持てない。申し訳ないです…。息子の方の学費が下がって欲しい、って何十年も前よりはガッツリ下がってて、コレだからね。トホホ…。

Twitter未完成♪ヽ(* ̄∇ ̄)人( ̄∇ ̄*)ノ♪@bakusuikumako

返信 リツイート 4:54

医学部への最短ルートは国立ならあまりレベルの高くない高校から地域枠を狙うこと、私立なら川崎医大附属高校に行くか指定校推薦なのかな?

海外医学部を検討していたときに、穴場だと思ったのがイタリアの医学部。年間授業料は国立なので10万円程度。生活費もミラノでなければそれほどかからない。入学時にIMATという英語の試験があるが、対策すればそれほど難し試験ではない。もちろん、イタリアが好きな場合ですが

Twitterカブ 医学生@ウクライナ@kabtabi

返信 リツイート 2:25

国立大の医学部は最難関

国立大の医学部は最難関 国立大学は大学郡の中でも別格で、特に旧帝国大学医学部や旧医科大学と呼ばれる大学の医学部は、必要とされる偏差値がかなり高く、相当の学力が備わっていないと入学することが難しいと言えます。
なぜ国立大学に人気が集中して高難易度になるのかというと、その一つの理由が授業料を含めた総額費です。
医学部の卒業には最低6年間の修業年限が必要で、単純計算でも授業料が1.5倍必要なことに加え、その間の生活費や交通費、家賃なども上乗せされます。
また文系よりも実習に関する費用やテキストも高額になる傾向があります。それでも国立大学は私立大学と比較すると、かなり費用が低く抑えられるのです。
また国の機関であるため医学的な研究レベルが総じて高く、卒業後の進路についてもきちんと保証されるというのも魅力的です。
学費を出す保護者が多くの資産を持っていれば私立大学の医学部でも問題はありませんが、ごく普通の一般家庭の場合は多額の学費を捻出することが難しいでしょう。
その点国立大学は費用の面で安心感が高いといえます。

医学部の入試問題は試験対策になる

医学部を受験する時は、以前の入試問題を繰り返し解くようにしましょう。
過去の入試問題を解けば、その医学部の傾向が把握できるようになります。過去の問題と同じ問題が出題されることはほとんどありません。
しかし、過去の問題に似た問題が出されることは良くあります。最初に過去の問題をやった時に、あまりに正解数が少なくて、落胆してしまうかもしれません。その時はできなかったことを発奮材料にして勉強を続けましょう。
数学や理科などの理系の問題は過去問を解きながら、問題のパターンとそれに合った回答の仕方を身に付けるようにします。
その医学部の試験の傾向からまったく異なった問題が出されることはほとんどありません。こんな問題ではこのような解き方をすると頭の中に入れておけば、本番の試験で慌てることはありません。
国語や英語などの文系の問題では、自分が間違ったところを重点的に復習します。
特に英語の場合は、自分の知らなかった単語や表現を確実に覚えるようにしましょう。