国立大医学部の難易度と試験対策

CONTENTS
新着情報

◎2017/7/25

医学部に合格する難易度 の情報を更新しました。

◎2017/5/15

再受験と学士編入はどっちが良い? の情報を更新しました。

◎2017/3/24

医学部を志望する若者が増えている の情報を更新しました。

「医学部 国立」
に関連するツイート
Twitter

大学どこ?【take1】 「国公立です」←公立大 「国立です」←琉球大 「旧帝大です」←北・九大 「京大です」←看護学部 「神大です」←神奈川大学 「医学部のです」←歯学部or看護学部 「東大です」←東海大 「慶應です」←看護 「早稲田です」←所沢 「早慶上智です」←上智

Twitter ultright_kyokuu ハイジーン 相互フォロー フォロ爆 - 19分前

リツイート 返信

@DieChanShine それが国立大学医学部に合格した秘訣なんwwwwwwwww

おはよう世界(๑ ˙˘˙)/ 今日上野の国立西洋美術館が無料だから行こうかなとか思ったけど今の時間に起きたことで行く気が失せた← 確か上野って東大の医学部あったよね?? 離散→医学部は神領域だと僕は思ってるw 行くべきか行かまいか迷う。。

Twitter mashakiyoshi 🐼🥞あきよし 医学部生🥞🐼 - 11:41

リツイート 返信

@nhk_dramas 亡き父は一応国立大の出身でした父方の親戚がどうやって東大に入ったのかと思ってるのですが東大医学部を金時計で卒業したりもしているのですよ母方の方は灘中灘高出身だったりも実はするのです

@nhk_dramas 私の父方の親戚は東大医学部出身で国立がんセンターの所長も医学界の会長もしてたが他界今私辛いのですが親戚を頼らず一人で頑張ってます父方のいとこが米国籍米在住母方の叔父が広島で被爆し手術後アメリカ留学し(一橋大出身)大学教授でした親戚を頼りたい気持ち我慢住所電話知ってる辛い

RT @kukiwakme: お金が無くて医学部進学諦めてしまう高校生に伝えたい。国立の大学は家庭の経済状況に応じて授業料全額or半額免除になるし、1人暮らしだったけど、仕送りゼロでバイトで毎月10万強稼いで、結局6年間で使った奨学金は350万ぐらい。医者になればあっという間に…

Twitter KYUSO_ALXDbkwT 👁‍🗨[てふてふ]🐭=お蝶@ぞ🐦 - 9:27

リツイート 返信

朝6時、娘は勤務先の神戸大学医学部付属国立ガン医療センターICCRCに入っていきました。 目覚ましコールに、コードブルーのテーマが流れ、無言、無表情で、ベッドからずり起きる姿はゾンビ。足が着地した瞬間に入魂。 すざましい精神力と体力。 娘ながら尊敬します。

Facebook 奥野 富美子 - 6:48

RT @kukiwakme: お金が無くて医学部進学諦めてしまう高校生に伝えたい。国立の大学は家庭の経済状況に応じて授業料全額or半額免除になるし、1人暮らしだったけど、仕送りゼロでバイトで毎月10万強稼いで、結局6年間で使った奨学金は350万ぐらい。医者になればあっという間に…

RT @kukiwakme: お金が無くて医学部進学諦めてしまう高校生に伝えたい。国立の大学は家庭の経済状況に応じて授業料全額or半額免除になるし、1人暮らしだったけど、仕送りゼロでバイトで毎月10万強稼いで、結局6年間で使った奨学金は350万ぐらい。医者になればあっという間に…

Twitter blvgari48 甘い縄 - 3:37

リツイート 返信

RT @kukiwakme: お金が無くて医学部進学諦めてしまう高校生に伝えたい。国立の大学は家庭の経済状況に応じて授業料全額or半額免除になるし、1人暮らしだったけど、仕送りゼロでバイトで毎月10万強稼いで、結局6年間で使った奨学金は350万ぐらい。医者になればあっという間に…

Twitter fuckindebuchan ちんちんExpress🦍 - 2:17

リツイート 返信

国立大の医学部は最難関

国立大の医学部は最難関 国立大学は大学郡の中でも別格で、特に旧帝国大学医学部や旧医科大学と呼ばれる大学の医学部は、必要とされる偏差値がかなり高く、相当の学力が備わっていないと入学することが難しいと言えます。
なぜ国立大学に人気が集中して高難易度になるのかというと、その一つの理由が授業料を含めた総額費です。
医学部の卒業には最低6年間の修業年限が必要で、単純計算でも授業料が1.5倍必要なことに加え、その間の生活費や交通費、家賃なども上乗せされます。
また文系よりも実習に関する費用やテキストも高額になる傾向があります。それでも国立大学は私立大学と比較すると、かなり費用が低く抑えられるのです。
また国の機関であるため医学的な研究レベルが総じて高く、卒業後の進路についてもきちんと保証されるというのも魅力的です。
学費を出す保護者が多くの資産を持っていれば私立大学の医学部でも問題はありませんが、ごく普通の一般家庭の場合は多額の学費を捻出することが難しいでしょう。
その点国立大学は費用の面で安心感が高いといえます。

医学部の入試問題は試験対策になる

医学部を受験する時は、以前の入試問題を繰り返し解くようにしましょう。
過去の入試問題を解けば、その医学部の傾向が把握できるようになります。過去の問題と同じ問題が出題されることはほとんどありません。
しかし、過去の問題に似た問題が出されることは良くあります。最初に過去の問題をやった時に、あまりに正解数が少なくて、落胆してしまうかもしれません。その時はできなかったことを発奮材料にして勉強を続けましょう。
数学や理科などの理系の問題は過去問を解きながら、問題のパターンとそれに合った回答の仕方を身に付けるようにします。
その医学部の試験の傾向からまったく異なった問題が出されることはほとんどありません。こんな問題ではこのような解き方をすると頭の中に入れておけば、本番の試験で慌てることはありません。
国語や英語などの文系の問題では、自分が間違ったところを重点的に復習します。
特に英語の場合は、自分の知らなかった単語や表現を確実に覚えるようにしましょう。